2017年06月08日

お引っ越し

2006年7月からこのブログを始め、
気づけば11年近く経ちました。

当時、ジュピはまだ2才になったばかり。
10才年上のお兄ちゃん、サモエドのドーラも健在でした。

ジュピと一緒にチャレンジしてきたGCTや
JKCの服従やフライボール、PDの服従や臭気選別競技。
ドラマ出演などペットモデルのお仕事。
何気ない日常。

旅行やお出かけ、闘病と別れ。
そして、盲導犬パピーウォーカーとしての、黒ラブかー君との暮らし。

嬉しいこと、楽しいこと、がんばったこと、辛かったこと
本当にたくさんのことを綴ってきました。

ブログのタイトルにもなっているジュピターが
昨年1月に旅立ち
6月からはかー君についての記事が中心になったので
タイトル変更やブログお引っ越しも考えたのですが
かー君は1年足らずで訓練センターに帰ってしまうということもあり
面倒くさがりの私は、
そのまま、このブログを使い続けていました。

でも、このたびジュネスを新たな家族として迎えたのを機に
思い切って、ブログのお引っ越しをすることにしました。

新しいブログのタイトルは「ジュピママとジュネスの毎日」といいます。

と言っても、ずぼらな私のことなので
毎日は更新しないと思いますが(^^;

思い出のたくさん詰まったこちらのブログは
そのまま残しておくことにします。

更新することもあるかも知れません。

たまに思い出して、ジュピやかー君やドーラに会いに来ていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by ジュピママ at 20:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ニューフェイス

バタバタしていてご報告が遅くなってしまいました。

5月31日水曜日
かー君が盲導犬訓練センターに帰って寂しくなったわが家に
ニューフェイスの3代目ゴルがやって来ましたわーい(嬉しい顔)

P5310768.jpg


生後70日の男の子、体重8.7kg。
名前はJeunesse(ジュネス)です。

わが家に来たその日から、
環境の変化にも物おじすることなく
ご飯をしっかり食べ、よく遊びよく眠り
愛想を振りまいて元気に過ごしてくれています。

P5310776.jpg

わが家では初めての、毛色が薄いめの子です。

ブリーダーさんのもとで
愛情たっぷり大切に育てられ
ママ犬に甘えたり兄弟犬たちと遊びながら
健康にすくすく育って
わが家にやって来てくれました。

P5310787.jpg


昨年1月にジュピが旅立った時には
再びゴルを迎える日はもう来ないかもと思っていましたが
ご縁がつながって、うちの子になってくれたジュネス。

心身ともに健やかに
誰からも愛される優しく賢いゴルに育つように
これからまた、一緒に色んなことを楽しみながら頑張っていきたいと思います。

そうそう、かー君はうちの子でいるのが1年足らずということで
ジュピのブログに間借り(?)していましたが
ジュネスが来たのを機に、ブログお引っ越しをしようかと思うのですが
どこがいいかよくわからないのでお悩み中です(^^;


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

2017年05月25日

第一関門通過

今月7日に盲導犬訓練センターに入所したかー君。
その2日後、スタッフの方から
「落ち着いて元気に過ごしていますよ」とのメールをいただき
とりあえずちょっと安心しました。

当然のことながら、
入所したパピーたちは、いきなり本格的な訓練を受けるわけではなく
最初の2週間は訓練士さんたちとの関係作りや
訓練センターでの集団生活に慣れることから始め
その間に、それぞれのパピーたちに
今後本格的な訓練を受ける適性があるかどうかを
訓練士さんたちが見極めるそうです。
いわば、雇用の場合の試用期間のようなものなのかなと思います。


盲導犬パピー中で最終的に盲導犬になれるのは約3割。
訓練の過程で、健康面や稟性(ひんせい)の面で
盲導犬に適さないと判断された子たちは
キャリアチェンジとなって、一般家庭に引き取られ
家庭犬として過ごすことになります。

そして、その最初の見極めが入所2週間後。
いちばん早い子は、そこでキャリアチェンジとなります。

修了式の2週間後に
パピーの様子の報告を兼ねて
訓練犬になるのかキャリアチェンジになるのか連絡があるとお聞きしていたので
もうドキドキの私でしたたらーっ(汗)
日曜日に連絡があるかと思い
1日中、携帯を肌身離さず持っていたのですが(笑)
結局連絡はなく
電話がかかってきたのは翌月曜日でした。

結論から言うと、
最短でのキャリアチェンジは免れ
同胎犬4頭そろって、訓練犬になることができたそうですわーい(嬉しい顔)

本当によかった~るんるん

ただし、予想通りにまだまだ子供っぽさが目立ち
他の犬と遊びたいという気持ちも強いようで𕾵

ただ、この2週間で少しずつ変化が見られ始めていること
素直な性格や理解力の高さ、
今後の本犬の成長と訓練によって問題点を克服できることを期待しての
今回の評価です(^^;
なので、今後もいつ「キャリアチェンジになりました」という電話が来ないか冷や冷やの日が続きますが
何とか頑張ってほしいなと期待しています。

ただ、誤解のないように書いておくと
当然のことながら、盲導犬になる犬だけが優秀で
キャリアチェンジ犬が落ちこぼれというわけでは決してありません。
人間でも、色々な職業それぞれに向く人向かない人がいるのと同じで、
キャリアチェンジ犬は、たまたま盲導犬というお仕事には向かなかったというだけのことです。

なので、もしこれから先、かー君がキャリアチェンジになったとしても
それがかー君の幸せのためなんだと受け止めようと思っています。

少し前に、テレビの番組で
お笑い芸人の家族がパピーウォーカーをしていた犬が
キャリアチェンジになってそこのお家に戻ってきたというのが放送されたこともあってか、
「かー君がもし盲導犬になれなかったら、お家に戻って来るんでしょ?」と
言われたことが何度かあります。
盲導犬育成団体は、盲導犬協会、ライトハウス、アイメイト協会など
複数あって、それぞれ方針が違います。
かー君のいる関西盲導犬協会では、
キャリアチェンジになった子を、パピーウォーカーが引き取ることはできません。

色々考え方はあるでしょうが、私はその方がいいと思います。
あくまでも私の場合は、ですが、
もし、かー君がキャリアチェンジになった場合うちに戻って来れるのだったら
きっと「盲導犬になれなくてもいいや」
下手したら「なれない方がいい」って気持ちになったと思うのです。
パピーウォーカーをするからには
「盲導犬になってほしい。そのためにできるだけのことを精一杯やりたい」って
真剣に取り組むべきだと思うから、
私は、これでいいと思っています。

ただ、キャリアチェンジになった場合、引き取ることはできないのですが
新しいお家に行く前に、1週間ほど
パピーウォーカーの家に里帰りすることはできるそうです。
そうなったら、嬉しいような寂しいような複雑な気持ちでしょうね(^^;

11月の時点で、キャリアチェンジにならずに訓練を続けていてくれていたら
面会する機会があるようです。

また、無事盲導犬になれた場合、
10才で引退した後、わが家で引き取ることは可能だそうです。
一番の理想はそうなることなのですが
こればかりはどうなるか、
かー君と訓練士さんの頑張りに期待するしかありません。

記事とは全く関係ありませんが
庭の花の写真です。

バラ色々

IMG_20170513_215544 (002).jpg

IMG_20170522_162549 (002).jpg

バラ以外に、ブルーのニゲラや紫のコンボルブルス

IMG_20170517_003731 (002).jpg

クレマチス、バイカウツギ、ネモフィラなどもきれいに咲いてます。

IMG_20170522_163153 (002).jpg


昨日から今日にかけての雨で、バラがかなり散ってしまって残念です。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ パピーウォーカーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村